屋根工事ブログ

2022年2月28日更新

メンテナンスのタイミングを見逃さない!外壁と屋根の劣化症状は?

建物は雨風にさらされて摩耗してきます。

新築の時はきれいだったのにいつの間にか汚れてきたり、塗装が色褪せてきたりと気になってくるのではないでしょうか。

汚れの付着や塗装の色あせなどの劣化症状はメンテナンスを考えるサインの一つです。

その他にも劣化して現れてくる症状はあります。

建物が劣化していると見栄えだけの問題では済まされず、性能が落ちてさらに建物の状態を悪くさせてしまうでしょう。

そこで、今回はこれからも住んでいく大切なお家のメンテナンスのタイミングを見逃さないために、屋根や外壁の劣化症状についてわかりやすくお伝えしていきたいと思います!

 

【屋根の劣化症状】

 

屋根は状態がどうなっているか中々気がつきにくい場所にあります。

そのため屋根が痛んでいても気がつかないままメンテナンスのタイミングを逃してしまうことが多く注意しなければなりません。

屋根は劣化すると以下の症状がでます。

 

【屋根の劣化症状】

・塗装の色あせ、チョーキング

・汚れや苔の付着

・スレートや瓦の破損、反り

・棟板金の釘抜け、浮き

・コーキングの劣化

・漆喰の欠け、破損

 

【外壁の劣化症状】

 

外壁は劣化しても目に入りやすく屋根よりもメンテナンスのタイミングは気がつきやすいかもしれません。

しかし、普段から見ていないと劣化していても見逃してしまいますのでご注意を。

外壁は以下の劣化症状があります。

 

【外壁の劣化症状】

・塗装の色あせ、チョーキング

・塗装の剥がれやひび割れ

・クラック

・汚れや苔、カビの付着

・コーキングの劣化

・鉄部のサビ

 

建物は状態を保持していくために定期的にメンテナンスが必要です。

建物は経年劣化してきますから、メンテナンスをしておかないとさまざまな不具合を起こし、劣化を早め、いずれ住めなくなるほど状態が悪くなってしまいます。

それでは屋根と外壁の劣化症状の後は、これらの劣化を放置するとどうなるのかをお伝えしていきたいと思います。

 

【屋根が劣化しているのを放置するとどうなる?】

 

建物を長く維持していくためには、メンテナンスのサインを見逃さずに適切なタイミングで工事を行うことです。

メンテナンスをせずにいると一体どんなリスクがあるか。

屋根の劣化を放置する危険性についてを以下に解説します。

 

【屋根の劣化を放置するリスク】

屋根は雨漏りの原因となりやすいところです。

雨漏りは建物への被害がとても甚大ですから雨漏りさせないことが重要です。

雨漏りで受ける被害は以下のことが挙げられます。

 

【雨漏りによる被害】

・柱や梁などの構造体の腐食

・耐震性の低下

・シロアリ被害

・生活への支障

・内装や家具、家電の損傷

・カビの発生

・修理コストの負担が大きい

 

雨漏りによって建物の構造体が腐食すると修理するにも工事規模が大きくなり、高額な修理費用が発生します。

雨漏りによる二次被害の心配もあり、特に注意しておきたいのがシロアリです。

雨漏りの危険性については、また別の機会でお伝えしていきたいと思いますが、屋根の劣化を放置すると雨漏りのリスクが高まり、その被害は大きいということを覚えておきましょう。

 

雨漏り修理についてはこちらの「雨漏りスピード補修」をご覧ください。

 

【塗装やコーキング、屋根板金がいずれ雨漏りに発展!】

雨漏りのリスクについてお伝えしましたが、それではどうすれば雨漏りを起こさせないかが気になるのではないでしょうか。

雨漏りを防ぐには屋根のメンテナンスを定期的に行うことです。

塗装やコーキング、屋根板金の劣化が、いずれ雨漏りへとつながってきます。

劣化している状態を放置するほど屋根の劣化は早まり、状態を悪くさせていきますので、屋根が傷んでいないか状態を気にかけ、その都度メンテナンスを行なっていくことが大切です。

 

屋根のメンテナンスについてはこちらの「屋根工事の種類は?症状に合ったメンテナンスの選び方」もご参考にしてください。

 

【外壁が劣化しているのを放置するとどうなる?】

 

それでは続いて外壁の劣化を放置するリスクについて解説してきます。

実は屋根と同様に外壁からも雨漏りは発生します。

雨漏りのリスクは先ほどお伝えしましたので、雨漏りの原因となりやすい場所やメンテナンス方法についてを解説していきます。

 

【雨漏りの原因となりやすい場所】

外壁は以下の場所から雨漏りしやすいです。

・外壁のクラック

・窓などの開口部

・外壁目地

それでは場所ごとになぜ雨漏りしてしまうかお伝えしていきます。

 

【外壁のクラック】

ひび割れのことをクラックと呼びます。

クラックにはヘアークラックと構造クラックがあり、構造クラックは損傷が大きく耐震性に関わってきます。

クラックがあると壁内に水が入るため、状態が悪化すると雨漏りを引き起こすリスクが高くなります。

外壁の下には防水紙が張られていますので、すぐに雨漏りすることはありませんが、水が入る状態が長期化すると劣化も早まり、いずれ雨漏りしてしまうでしょう。

クラックはコーキングやシーラー、フィラーなどを塗布して隙間を埋めたり、クラック箇所をUカットまたはVカットして樹脂モルタルを塗って補修したりします。

 

【窓などの開口部】

窓も雨漏りの原因となりやすいところです。

窓などの開口部はコーキングを打って防水してあります。

コーキングが古くなるとひび割れや破断、浮き、剥がれなどの症状がでてきて、水が入り込む原因となります。

コーキングは5~10年ほどが耐用年数となりますので、このくらいの年数が経っていましたら新しくしてあげましょう。

 

【外壁目地】

サイディングやALCなどの外壁材には干渉による破損を防ぐため目地が設けられています。

目地にはコーキングが打たれていますので、先ほどお伝えした開口部と同じように定期的に打ち替えることが大切です。

目地コーキングは塗装と作業が被りますから、打ち替えるときは外壁塗装と一緒に行なっておくことをおすすめします。

 

コーキングについてはこちらから

 

【タイミングを逃さないために点検をしましょう!】

屋根塗装の画像

 

ここまで屋根と外壁の劣化症状についてお伝えしてきました。

建物は風雨にさらされていますからどうしても経年劣化してきます。

なるべくコストを抑えたいから、ギリギリまで修理を先延ばししたいと思うかもしれませんが、劣化している状態を放置してしまうと放置した分だけ被害は広がってきます。

被害の範囲だけ工事規模も大きくなり、結果的にコストが掛かってしまいますから、なるべく劣化症状がありましたら早めに対処しておくことが大切です。

当社は無料で建物診断を行なっております。

もしお家のことでなにかお困りのことがございましたらご相談にのりますので、ぜひお声がけください。

 

当社の無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

山梨で雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー、屋根張替え、葺き替えの無料見積もり【株式会社LOHAS(ロハス)】


山梨県の雨漏り修理、屋根工事、防水工事専門店
株式会社LOHAS(ロハス)
https://reform-gaiso.net/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

お問い合わせ窓口:0120-614-021
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-gaiso.net/case/
お客様の声 https://reform-gaiso.net/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-gaiso.net/inspection/

★屋根工事ってどれくらいかかるの?雨漏りは本当に止められるの?塗装と葺き替え、どっちがいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-gaiso.net/contact/


全てはお客様の笑顔のために!

山梨県のお客様の声