瓦屋根・漆喰工事ならお任せください!

どれか一つでも当てはまったら、要注意です。

漆喰剥がれ
漆喰剥がれ
雨水が漏れる
雨水が漏れる
雨どいの割れ・ゆがみ
雨どいの割れ・ゆがみ
「雨どい」を放置すると危険です

漆喰が多少剥がれたくらいでは、雨漏りが起きるわけではありませんが、そこから徐々に被害は広がっていきます。
例えば中にある葺き土が湿り、そこから雨漏りとなるケースが多いです。
ただ、瓦の剥がれや割れには十分ご注意下さい。そこから短期間で雨漏りに至るケースはあります。特に台風後などは、瓦の剥がれや割れなどのお問い合わせをいただきます。

瓦屋根のメンテナンスが必要なケース

地震による瓦のズレ、割れ

地震による瓦のズレ、割れ

地震が発生すると、重い瓦屋根は、瓦同士がずれたり、割れが発生することが多々あります。これを放置しておくと、雨水が侵入し、雨漏りの原因となるだけではく、内部腐食により、屋根葺き替え(もしくは葺き直し)が必要になるケースが多々あります。また、大棟(屋根の頂点部分)が歪んで、漆喰が剥がれ落ちることも多々あります。
地震のあとは、屋根を注意して確認することをおススメします。

雹や台風による瓦のズレ、割れ

雹や台風による瓦のズレ、割れ

雹で瓦が割れた、台風で瓦が飛んだ、なんてことも珍しくありません。でも屋根の上は普段は目視で確認することができないので、気が付いたら雨漏り、、、なんてこともあります。
強風や、雹が降った、など天候が荒れた後は、屋根0円点検をご利用ください。私たちが、屋根に上り、屋根の状態を点検致します。

瓦屋根の構造について

瓦屋根の構造について

瓦屋根の大棟の部分の構造をご紹介します。まず、大棟を解体すると、中に葺き土と呼ばれる土が入っています。
その外側に、漆喰があり、漆喰の主な役割は葺き土を雨から守る役割があります。
瓦屋根の雨漏りの原因は、この葺き土が濡れて雨漏りとなるケースや、瓦の割れやズレから起きることが多いです。
漆喰を補修することで、この葺き土を守るというのが、しっくい詰めなおしの本来の目的です。
近年では、南蛮漆喰という、葺き土兼用のしっくいがあり、葺き土の瓦は減少傾向にあります。

瓦屋根の補修工事の種類

漆喰詰め直し工事

漆喰詰め直し工事

剥がれてきた漆喰を詰め直します。

煉瓦取り直し工事

煉瓦取り直し工事

大棟を一度解体し、葺き土を詰め直して再度積み上げて銅線で固定します。

瓦の差し替え工事

瓦の差し替え工事

割れた所の瓦を差し替えます。

瓦屋根補修工事料金
漆喰詰め直し ¥4,000~/m
煉瓦補修・積み直し ¥10,000~/m
瓦交換 ¥15,000~/枚
  • 瓦屋根の修理・修繕には
    ご加入中の火災保険が使えます!

    瓦屋根の修理・交換にはご加入中の火災保険が使えます!

    年々ご利用者が増えている、火災保険を使ったリフォーム。「火災保険って、火事だけじゃないの??」とおっしゃる方も少なくありませんが、実は、火災保険には、様々な保証がついております。
    特に瓦屋根の破損は、火災保険で認定される確率が高く、当社ではご希望の方には、詳細をご案内しております。
    お見積りや無料診断の際に、保険証券をご用意いただければ、お調べすることもできます。
    ※ 保険の契約内容により、必ずしも、すべての方が当てはまるわけではありません。

築10年過ぎたら、一度点検をお勧めしています。
一級技能士による屋根・外壁0円診断

一棟一棟、状況によって費用は異なりますので、詳細についてはお見積り致します。
屋根外壁0円点検・無料見積りをご利用下さい。

全てはお客様の笑顔のために!

山梨県のお客様の声