屋根工事ブログ

2022年5月30日更新

傷んだままにしていませんか?屋根工事が必要な理由を解説します!

屋根は高い場所にありますからどうなっているかわかりませんよね?

メンテナンスが必要とわかっているけれど状態がどうなっているかわからないとどんなことをすればいいかわかりませんし、いざ工事をするにしてもわからないことだらけで躊躇してしまうかもしれません。

しかし、建物は経年劣化してくるもので、屋根も例外ではありません。

屋根は下からではどんな状態か見えませんので、傷んでいてもそのままにされてしまうことが多いです。

屋根のメンテナンスをしておかないと雨漏りして普段の生活に支障をきたしてしまうかもしれません。

本日は屋根工事の必要性や屋根工事の種類などを解説していきます。

 

【屋根は過酷な環境に晒されている】

傷んだままにしていませんか?屋根工事が必要な理由を解説します!

屋根は太陽の紫外線や雨、砂や埃など劣化に要因するものの影響を常に受ける過酷な環境にあります。

海が近い沿岸部は塩害も屋根を傷める要因の一つです。

こういった屋根を傷める要因を完全に防ぐことはできず、年数の経過とともにダメージも蓄積していきます。

屋根は下からでは状態を見ることはできませんから、こんなにもダメージを蓄積しやすい場所であることをついつい見過ごしてしまいます。

傷んでしまっている屋根をそのままにしているといずれ不具合を起こし、生活に支障をきたしてしまいます。

かならずどこかのタイミングでメンテナンスが必要になりますから、屋根の状態には気をつけておかなければなりません。

【屋根のメンテナンスは普段の生活を守ります!】

傷んだままにしていませんか?屋根工事が必要な理由を解説します!

屋根は私たちの生活を守る大事な構造体です。

もし屋根がなかったら雨が入ってきてまともに生活することができません。

雨漏りは普段の生活への負担だけでなく、建物の寿命を縮めてしまう恐れもあります。

屋内に水が入れば屋根の骨組みはもちろん、柱や梁なども濡らしてしまい耐久性を落としてしまいます。

電気配線がショートする危険もあり、室内の内装材や家具、家電を損傷させることも起きてしまいます。

雨漏りの被害はとても大きく、天井からポタポタと水が滴ってくる部屋で生活するのも大変です。

普段から快適に生活ができるのも屋根があるおかげですから、いつまでも状態を維持できるように屋根のメンテナンスは怠らずに行なっておかなければいけません。

 

LOHASは雨漏り修理を承っております。

詳しくはこちらの「雨漏りスピード補修」をご覧ください。

 

【屋根別 劣化症状一覧】

屋根材はスレートやガルバリウム、シングルなどいろいろな種類があり、劣化症状も違います。

以下に屋根材別の劣化症状をまとめましたのでメンテナンスのご参考にしてください。

 

屋根材 劣化症状 備考
スレート

・塗装の色あせ

・ひび割れや破損、剥がれ

・汚れや苔の付着

・塗装は10年周期が目安

・耐用年数は20年〜30年

・20年以降は防水シートの張り替えが必要

ガルバリウム

・色あせ

・浮きや剥がれ

・傷

・錆の発生

・コーティングが傷つくと錆がでやすくなる

・耐用年数は25年ほど

・ガルバリウムに適した工法で塗装をしないとすぐに剥がれてしまう

・20年以降は防水シートの張り替えが必要

トタン金属屋根

・色あせ

・浮きや剥がれ

・傷

・錆の発生

・汚れや苔の付着

・ガルバリウムよりも耐久性は低く、定期的に塗装が必要

・塗装周期は5〜10年

・鋼板部分が露出しているとすぐに錆びてしまう

・20年以降は防水シートの張り替えが必要

アスファルトシングル

・剥がれ、浮き、捲れ

・汚れや苔の付着

・表面の劣化

 

・台風で屋根材が捲れてしまうことがある

・表面の劣化で下地が露出することがある

・装飾の石粒が剥がれてしまう

・耐用年数は20年〜

・20年以降は防水シートの張り替えが必要

・剥がれ、割れ

・塗装の色あせ(セメント瓦の場合)

・瓦桟の劣化

・漆喰の劣化

・汚れや苔の付着

・飛来物の衝撃で割れることがある

・割れた瓦が風で飛ばされてしまうことがある

・耐用年数は日本瓦だと50年以上とされている

セメント瓦の耐用年数は20年ほどで定期的に塗装が必要

・20年以降は防水シートの張り替えが必要

どの屋根材も20年以降は防水シートが劣化してくるため、葺き替えかカバー工法をご検討していただくことになります。

屋根は完全に密閉されているわけではありませんから、屋根材の下にも水が流れてきます。

その水が屋内に入らないのは防水シートが張られているからです。

屋根に敷設されている防水シートをルーフィングと呼んでいます。

ルーフィングは屋内に水が染み込んでこないようにする防水の要になります。

どんなに屋根材が新しくてもルーフィングが古ければ水が染み込んで雨漏りしてしまいますから、防水性能が落ちてくる20年以降はルーフィングも一新できる工事を行う必要があります。

 

劣化症状についてはこちらの「メンテナンスのタイミングを見逃さない!外壁と屋根の劣化症状は?」をご覧ください。

 

【屋根工事の種類は?状態に合わせて適した工事をしましょう!】

傷んだままにしていませんか?屋根工事が必要な理由を解説します!

屋根をメンテナンスする際は、状態に合わせて適した工事をしていくことが必要です。

まだ性能を保っている場所を工事をしてしまうのは余計な費用がかかってしまいますから、工事をするときは必ず屋根の状態を考慮して計画を立てることが大切です。

屋根工事は以下の種類があります。

 

【屋根工事の種類】

・屋根塗装

・カバー工法

・葺き替え

・板金修理

 

屋根工事の種類については「屋根工事の種類は?症状にあったメンテナンスの選び方」で詳しくお伝えしておりますので、ぜひこちらをご参考にしてください。

 

【安心して生活するためには屋根工事が必要!】

傷んだままにしていませんか?屋根工事が必要な理由を解説します!

ここまで屋根工事の必要性をお伝えしてきました。

室内にいても雨が入ってこないのは屋根があるおかげです。

屋根は普段安心して生活するのに絶対になくてはならない構造体ですから、正常な状態を維持していけるようにメンテナンスを怠らないことです。

いち早く屋根の変化に気づけるように定期的に屋根の点検を実施することをお勧めします。

点検の目安は5〜10年ほどの周期です。

状態を確認するために屋根に登るのは落下する恐れがあって非常に危険です。

屋根の点検はプロにおまかせください。

LOHASは無料で屋根の点検を行なっております。

診断後は工事のご提案や無料見積もりをお渡ししておりますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」でお伝えしております。

これからも大切なお家を長くお使いいただけるようにお手伝いをさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

“mu”

甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

山梨で雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー、屋根張替え、葺き替えの無料見積もり【株式会社LOHAS(ロハス)】


山梨県の雨漏り修理、屋根工事、防水工事専門店
株式会社LOHAS(ロハス)
https://reform-gaiso.net/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

お問い合わせ窓口:0120-614-021
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-gaiso.net/case/
お客様の声 https://reform-gaiso.net/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-gaiso.net/inspection/

★屋根工事ってどれくらいかかるの?雨漏りは本当に止められるの?塗装と葺き替え、どっちがいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-gaiso.net/contact/


全てはお客様の笑顔のために!

山梨県のお客様の声