屋根工事ブログ

2022年7月31日更新

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根の葺き替えよりも工事代が安く済み、工事期間も短い屋根カバー工法。ご予算を抑えたいという方によく採用される工法です。しかし、どんな屋根にもカバー工法が適しているかというとそうではありません。

カバー工法に適している屋根と適していない屋根がありますからご注意ください。今回は屋根カバー工法をご検討している方のご参考となるように、屋根カバー工法がおすすめな人を解説していきたいと思います!

【屋根カバー工法がおすすめな人】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根カバー工法がおすすめな人は「予算を抑えたい」「工事期間を短くしたい」「金属屋根のデザインが好き」この3つがポイントです。それでは各ポイントの詳細を見ていきましょう!

【予算を抑えて屋根リフォームがしたい!】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根カバー工法は葺き替えよりも安くリフォームできる工法です。なぜ安いのかというと解体が最小限に抑えられ、廃材が少なく処分費があまり掛からないからです。

屋根カバー工法は既存屋根の上に新しい屋根を葺く工法です。解体は棟板金などの役物だけで最小限に抑えられています。材料費、施工費、処分費を抑えていますので、安く屋根リフォームがしたいという方は屋根カバー工法がおすすめです。

【工事期間をできるだけ短くしたい!】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根カバー工法と葺き替えの工程の違いを見てみましょう。

屋根カバー工法 屋根葺き替え

①:足場設置

②:棟板金などの役物撤去

③:ルーフィング敷設

④:屋根材葺き

⑤:棟板金などの役物取り付け

⑥:コーキング防水処理

⑦:足場撤去〜工事完了

①足場設置

②:解体作業(屋根材、ルーフィング、棟板金などの役物)

③:野地板増し張り

④:ルーフィング敷設

⑤:屋根材葺き

⑥:棟板金などの役物取り付け

⑦:コーキング防水処理

⑧:足場撤去〜工事完了

屋根葺き替えは解体作業と野地板の増し張り作業がありますので、屋根カバー工法よりも日数がかかります。屋根カバー工法の工事期間は7〜10日ほどで葺き替えよりも工程が少ない分早く工事が終わります。短期間で工事を終わらせたい方は屋根カバー工法がおすすめです。

【金属屋根のデザインが好き!】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根カバー工法はできるだけ重量が増えないように軽量な金属屋根で葺くことになります。選べる屋根材は制限されていますが、金属屋根のスタイリッシュなデザインが好きという方は屋根カバー工法にすれば葺き替えよりも安くリフォームできます。

 

屋根カバー工法についてはこちらの「屋根カバー工法(重ね葺き工事)」もご参考にしてください。

【屋根カバー工法よりも葺き替えがおすすめな人】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根カバー工法はどの屋根にも適しているというわけではありません。条件によっては屋根カバー工法ができない屋根もあります。以下に屋根カバー工法よりも葺き替えがおすすめな人を解説します。

【耐震性に不安がある】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根カバー工法は既存屋根を剥がさずに葺いていく工法のため屋根の重量が重くなります。屋根重量が重くなるとどんな不具合があるかというと耐震性が悪くなります。屋根重量が増えると地震が起きた時に大きく揺れるようになり、倒壊の恐れがあります。そのため屋根カバー工法は耐震性に不安がある建物に適していません。十分な耐震性を確保されていない場合は葺き替えがおすすめです。

【瓦を使っている屋根】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根が瓦の場合はカバー工法ができません。瓦は厚みがあり、屋根材を上から葺くことができませんし、屋根の重量も重くなるため耐震性のことを考えると現実的ではありません。瓦を葺いている屋根は必然的に葺き替えの対応になります。

【野地板やルーフィングの腐食。雨漏りしている】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

野地板とはルーフィングや屋根材の下地のことです。水が染み込んでいたり、湿気がこもっていたりすると野地板が腐食します。また、屋根の防水の要はルーフィングです。

野地板やルーフィングが腐食している場合は屋根カバー工法ではなく葺き替えが必要です。雨漏りしている場合も屋根カバー工法では根本的な改善につながりませんので葺き替えをおすすめします。

LOHASは雨漏り修理も承っております。詳しくはこちらの「雨漏りスピード補修」をご覧ください。

【好きな屋根材がない】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根カバー工法は屋根が重くならないように金属屋根など軽量な屋根材しか選べません。好きな屋根材がない場合は葺き替えの方が屋根材の制限がありませんのでおすすめです。ただし、もともとの屋根よりも重くなる屋根材を選ぶのは耐震性を落とすことになりますので、なるべく屋根が軽くなる屋根材か現状変わらない重さの屋根材を選ぶことをおすすめします。

葺き替え工事についてはこちらから

 

屋根材については下のページで解説しておりますのでぜひこちらもご参考にしてください。

「耐震性に有利!軽量屋根のガルバリウム鋼板とアスファルトシングル」

「日本瓦・セメント瓦・スレートの特徴とメンテナンス方法」

【屋根工事ならLOHASにおまかせください!】

葺き替えよりも屋根カバー工法がおすすめな人を解説

屋根リフォームは「葺き替え」か「屋根カバー工法」でよく比較されます。どの工法が適しているかは実際に屋根を見てみないと判断ができないケースがほとんどです。

屋根工事をお考えの方は一度「葺き替え」と「屋根カバー工法」のどちらの工法が適しているか屋根を見てもらうことをおすすめします。

LOHASは無料で建物診断を実施しております。診断後はお客様のご要望もふまえて最適な工事プランをご提案させていただきます。気になることやお困りのことなどなんでもかまいませんのでお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

山梨で雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー、屋根張替え、葺き替えの無料見積もり【株式会社LOHAS(ロハス)】


山梨県の雨漏り修理、屋根工事、防水工事専門店
株式会社LOHAS(ロハス)
https://reform-gaiso.net/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

お問い合わせ窓口:0120-614-021
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-gaiso.net/case/
お客様の声 https://reform-gaiso.net/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-gaiso.net/inspection/

★屋根工事ってどれくらいかかるの?雨漏りは本当に止められるの?塗装と葺き替え、どっちがいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-gaiso.net/contact/


全てはお客様の笑顔のために!

山梨県のお客様の声