屋根工事ブログ

2022年8月31日更新

雨樋が壊れてしまった!雨樋工事の種類とメンテナンスのタイミング

雨樋は雨水を地面に排水するための設備です。

普段は地味に見えてしまう雨樋ですが、もし雨樋がなかったら屋根からバシャバシャと雨が落ちてきてしまい大変なことになってしまいます。

あまり意識して見ないかもしれませんが、雨樋が壊れるのは突然やってくるかもしれません。

そんな時に慌ててしまわないように、雨樋工事についていろいろ知っておきましょう。

この記事では雨樋工事の種類やメンテナンスのタイミングについてご紹介していきます!

【雨樋が壊れてしまった!そんな時はLOHASにおまかせください!】

雨樋が壊れてしまった!雨樋工事の種類とメンテナンスのタイミング

もし、すでに雨樋が壊れてしまっている場合は、ぜひ当社にお声がけください。

当社は雨樋修理も承っております。

 

雨樋が破損するとどんな被害を受けてしまうのかというと・・・

 

・建物が汚れて劣化を早める

・地面を抉ってしまう

・雨音が大きく近所迷惑になる

・雨樋が飛散して近隣の建物や車を傷つけてしまう

 

などがあります。

 

ご自分のお家だけでなく騒音や飛来物で近隣の方のご迷惑となってしまう恐れがありますので、修理をする場合は早めに対処することが大事です。

 

LOHASは無料で建物診断を実施しております。少しでも雨樋に不具合がある場合は、そのまま放置せずに早めに対応しましょう。

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

【雨樋工事の種類】

雨樋が壊れてしまった!雨樋工事の種類とメンテナンスのタイミング

状態 費用
継ぎ手が外れている 5,000円〜
部分交換、部分補修 10,000円〜
傾斜不良、金具が曲がっている 10,000円〜
ゴミ詰まりの除去 5,000円〜
全交換 100,000円〜

雨樋工事は種類があります。大きく分けると「部分補修」「全交換」「雨樋清掃」です。各工事についてご説明していきます。

 

【雨樋の部分補修】

雨樋は複数の部材を接合して構成しています。

 

現行品の雨樋なら部分交換ができます。

 

部分交換なら全交換よりも費用を抑えることができます。

ただし、廃盤や生産中止になっている雨樋は部材を調達できませんので、このようなケースでは補修か全交換の対応になります。

 

雨樋の不具合で多いのが水漏れです。経年劣化すると継ぎ手などの接合部に隙間ができます。シーリングや雨樋用の接着剤、プライマーなどで塞ぐことが可能です。

 

軒樋は水が流れていくように傾斜がつけられています。これも経年劣化で狂ってしまうことがあり、軒樋自体が歪んでしまうことも起こります。歪みがひどい場合は軒樋を交換しなければ対応できません。しかし、現行品なら歪んでいる軒樋を切断して、新しい部材に部分的に交換することが可能です。

 

雨樋だけでなく、固定している金具も廃盤になっていなければ交換が可能です。金属製の金具は錆びて朽ちることがあります。外壁塗装の時に塗装で保護しておくと長く保たせることができます。

【雨樋の全交換】

材質 単価/㎡〜
塩化ビニール 1,500円
合成樹脂製 2,500円
ガルバリウム製 5,000円
銅製 12,000円

雨樋の材質は種類があります。

住宅で多く採用されているのが「塩化ビニール製」の雨樋です。

塩化ビニール製の雨樋は、価格が安価で強度も十分に備えています。耐用年数は20年ほどですが、年数の経過で色褪せてきます。外壁塗装の時は一緒に塗装しておくと建物全体の美観性を向上させることができます。

 

雨樋交換は材質によって価格が違い、基本的に現地にて見積もりする必要があります。当社は無料診断を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

また、雨樋交換は足場を設置する必要があります。足場代は高額ですから、このタイミングで外壁塗装や屋根工事など、高所作業となるメンテナンス工事も一緒に行っておくことをおすすめします。

足場とコストについてはこちらの「足場を有効活用しよう!屋根工事は外壁工事と一緒がおすすめ!」をご覧ください。

【雨樋の清掃】

軒樋や集水器は上が空洞になっていますので、落ち葉や砂などのゴミが入りやすくなっています。ゴミが中に溜まってしまうと水詰まりを起こし、水漏れを起こしてしまいます。

形状が形状ですからゴミが入ってしまうのはしょうがないのですが、排水が滞ってしまうと問題ですので、定期的に雨樋の中を清掃しておくことをおすすめします。建物のまわりに植栽や樹木が多いとゴミが溜まりやすいのでご注意ください。

軒樋に被せる落ち葉除けネットがありますので、これで対策するのもおすすめです!

雨樋工事をお考えの方はこちらの「雨どい工事(修理・交換)」をご覧ください。

【雨樋のメンテナンスのタイミング】

雨樋が壊れてしまった!雨樋工事の種類とメンテナンスのタイミング

雨樋は2階の屋根のところにもありますので、なかなか状態がどうなっているか分かりにくかもしれません。しかし、雨樋は風にあおられるため、突然壊れてしまう可能性も考えられます。被害が出てからでは遅いですから、なるべく早期に劣化症状を発見して対処しましょう。雨樋は以下の劣化症状が出ますので、メンテナンスをご検討していただく目安にしてください。

【雨樋の劣化症状】

・雨樋の歪み、たわみ

・雨樋の脱落

・接合部の破損

・金具の曲がり、破損

・軒樋や集水器のゴミ詰まり

・雨樋の色あせ

上記の劣化症状が出ていましたら一度専門業者に状態を見てもらってください。

 

雨樋の劣化症状についてはこちらの「雨どい、こんな症状が出たら要注意!」もご参考にしてください。

 

また、下屋根などに縦樋を番線で固定していることがあります。経年劣化で番線が切れていると風に飛ばされやすくなりますので、こちらも状態にはご注意ください。

 

LOHASはお家のメンテナンスのご相談をお待ちしております。気になることやご不明な点など、なんでもかまいませんので遠慮なくお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

 

“mu”

甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

山梨で雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー、屋根張替え、葺き替えの無料見積もり【株式会社LOHAS(ロハス)】


山梨県の雨漏り修理、屋根工事、防水工事専門店
株式会社LOHAS(ロハス)
https://reform-gaiso.net/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

お問い合わせ窓口:0120-614-021
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-gaiso.net/case/
お客様の声 https://reform-gaiso.net/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-gaiso.net/inspection/

★屋根工事ってどれくらいかかるの?雨漏りは本当に止められるの?塗装と葺き替え、どっちがいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-gaiso.net/contact/


全てはお客様の笑顔のために!

山梨県のお客様の声