屋根工事ブログ

2022年1月31日更新

屋根の工事の種類!葺き替えとカバー工法どちらがおすすめ?

こんにちは!

私たちが春や夏の紫外線で日焼けするように屋根も紫外線の影響を受けて日焼けしています・・・。

特に屋根や外壁は一年中、外気に晒されているので雨や雪の影響も受けて劣化していってしまいます。

劣化した屋根が雨漏りを起こしてしまって屋根の工事が必要になることがあるのでそうなる前に屋根の張替え工事をおススメします!!

【屋根工事の種類】

屋根の葺き替えは、よくカバー工法と比較されます。

この二つの工法の違いとはどんなことか見ていきましょう。

【屋根の葺き替え】

屋根の葺き替えは、既存の屋根材と棟板金、ルーフィングを剥がし、屋根を新しくする工法です。

野地板を増し張りし、ルーフィングを敷設、屋根材を葺く工事ですので、屋根の防水性や美観性、耐久性を向上させ、寿命を延ばすことができます。

また、下地の状態を確認することができるため、傷んでいる場合は補修することが可能です。

ガルバリウム鋼板やアスファルトシングルなどの軽量な屋根材を選ぶことで耐震性を向上させることもできます。

【屋根のカバー工法】

屋根のカバー工法は重ね葺きとも呼ばれています。

名前の通り、既存屋根の上に新しく屋根を葺く工法です。

解体は棟板金などの役物くらいで最小に抑えられ、ルーフィングの敷設と屋根材を葺いていきます。

解体が少ないため廃材処分の費用が発生せず、工期が短くなり、葺き替えと比べるとコストがかかりません。

ただし、既存屋根を残す形となるため、屋根重量が増加し、耐震性の面では葺き替えよりも劣ります。

【葺き替えとカバー工法のメリット・デメリット】

施工前の画像

それでは屋根の葺き替えとカバー工法のどちらがいいのかメリット、デメリットを見ていきましょう。

【屋根の葺き替えのメリット・デメリット】

メリット

・下地を補修できる

・屋根重量の負担の心配がない

・軽量な屋根材にすれば耐震性が向上する

・屋根材の制限がない

 

デメリット

・解体がある

・工期が長い

・廃材処分費がかかる

・アスベストを含む場合はさらに高額に

 

屋根葺き替えについてはこちらから

 

【屋根のカバー工法のメリット・デメリット】

メリット

・解体が最小限なため工期が短い

・葺き替えよりも安価

・断熱効果が向上する

 

デメリット

・屋根が重くなるため耐震性が不利になる

・雨漏りした時に原因を突き止めにくい

・部分的な修理が難しい

・屋根重量の懸念から選べる屋根材は制限される

 

屋根カバー工法についてはこちらから

 

【カバー工法の注意点】

注意点のイメージ画像

最近増えているカバー工法という工事方法は現在の屋根材の上に軽い屋根材を新しく張ります。

古い屋根材を撤去することがないので処分代がかからないのと工期が短く済むためカバー工法を選ぶ方が増えてきています。

ただし、屋根全般に言えることで、現在雨漏りを起こしてしまっている場合は屋根のカバー工法は出来ず葺き替え工事でしかできません

それ以外にもまだ雨漏りはしていなくても屋根の下地が傷んでいる場合は、カバー工法で行うのはおすすめできません。

カバー工法は既存の屋根の上に新しく屋根を葺く工法のため、もし元々の屋根に不具合があったら、状態を確認することができないばかりか、修理するにもせっかく新しくした屋根を解体する必要が出てきます。

また、不具合の原因を突き止めるにも元々の屋根が隠れてしまうため、問題を起こしている箇所を見つけるのが困難です。

すでに雨漏りや不具合、痛みがある屋根にカバー工法をするということは、悪いところをそのまま残して蓋をしてしまうようなものですから、このような場合は葺き替えで改修工事をすることになります。

【屋根重量の増加には注意!耐震性を検討しましょう!】

家のイメージ画像

カバー工法は既存屋根を残すため屋根重量が増えます。

なぜ屋根重量が増えると耐震性が落ちるかというと、屋根が重くなることで地震の揺れに追従しやすくなり、軽い屋根よりも揺れが大きくなるからです。

屋根が重くなることで建物がつぶれてしまうということはあまり考えられませんが、建物の重量と地震の横揺れの力が加わることで、建物の柱や壁を破壊し、建物重量を支えられなくなって倒壊してしまいます。

そのため重心が高くなるほど揺れやすくなるということから屋根は軽くした方がいいとされています。

カバー工法はなるべく耐震性に影響が出ないように、金属屋根やアスファルトシングルのような軽量な屋根材を採用しています。

カバー工法を検討している方は、建物の耐震性に影響が出ないか確認をとりましょう。

【カバー工法よりも葺き替えをおすすめします!】

最近は費用の面でもお得なカバー工法が増えてきていますが、LOHASではカバー工法よりも屋根の葺き替え工事をおすすめしています。

カバー工法だと費用も抑えることが出来て人気ですが、雨漏りが起きた際に2重屋根になっているため原因を特定するのが難しく、修理するには屋根の葺き替えを行わなくていけません。

費用に余裕がある場合は屋根の葺き替え工事にすることが一番屋根が長持ちするので、カバー工法だけでなく葺き替え工事の見積もりも同時にとってもらい検討しましょう。

カバー工法も葺き替え工事も両方メリットとデメリットがあるのでご自宅に一番最適な工事方法を提案させていただくのでお気軽にお問い合わせください!

 

当社の無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他で、塗装工事、屋根工事のことなら、LOHASへお気軽にご相談ください。

 

山梨で雨漏り修理、屋根工事、屋根カバー、屋根張替え、葺き替えの無料見積もり【株式会社LOHAS(ロハス)】


山梨県の雨漏り修理、屋根工事、防水工事専門店
株式会社LOHAS(ロハス)
https://reform-gaiso.net/
住所:山梨県中巨摩郡昭和町西条517-1

お問い合わせ窓口:0120-614-021
(8:00~18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:甲府市・山梨市・都留市・山梨市・大月市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・北杜市・上野原市・甲州市・中央市・中巨摩郡・南巨摩郡・南都留郡・北都留郡・西八代郡 他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://reform-gaiso.net/case/
お客様の声 https://reform-gaiso.net/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://reform-gaiso.net/inspection/

★屋根工事ってどれくらいかかるの?雨漏りは本当に止められるの?塗装と葺き替え、どっちがいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://reform-gaiso.net/contact/


全てはお客様の笑顔のために!

山梨県のお客様の声